スポーツ

【スケボー解説】瀬尻稜の面白いコメントまとめ

スケボー解説瀬尻稜4

今話題メダルラッシュに加えて、フランクな解説が話題のオリンピック競技:スケートボードの日本代表。

こんなに話題になるとは思っていなかった!と見逃してしまった方のために、解説の面白い部分をまとめました!

今からでも話題についていける!解説の瀬尻稜と実況のフジテレビ倉田アナの掛け合いまとめです。

スケボー解説が面白いと話題

こんなに面白いことになると誰が予想してたでしょう?

話題の要因①メダルラッシュ

スケボー解説瀬尻稜1

@asahi_sports

2021年7月25日の男子の堀米雄斗。

26日に行われた女子では西矢椛(もみじ)が金メダルを獲得しました。西矢は13歳で日本史上最年少メダリストになったそうです。

また女子は中山楓奈(ふうな)も銅メダルを獲得しています。

こんなに日本が強かったなんて知らなかったですよね。

話題の要因②解説の面白さ

メダルラッシュもさることながら、盛り上がりに一役買ったのは間違いなく解説です。

キャスティングが大成功したとも言えるのではないでしょうか。

今回の東京オリンピックスケートボードの盛り上がり解説はこちらのお二人です。

【実況】フジテレビ倉田大誠(くらたたいせい)アナウンサー

スケボー解説瀬尻稜2

真面目な感じですが、スポーツは陸上をやっていたり、TVでブレイクダンスを踊ったり、アナウンサーになっていなければ柔道整復師になっていたとスポーツに精通しているようです。

【解説】瀬尻稜(せじり りょう)

プロスケートボーダー:AJSA JAPAN PRO TOUR シリーズチャンピオン(11歳、史上最年少)以降3度の世界の大会で優勝している、超実力者です。

スポンサーも「ムラサキスポーツ」「レッドブル」含めて14個もついています。

スケボー解説瀬尻稜3

@ryosejiri

写真で見ても、真逆とも言える二人が奇跡的に絡むことになった今回の東京オリンピックスケボーの解説。

どのような掛け合いがあったのか?コメントを見てみましょう。


瀬尻稜面白いコメントまとめ

「ゴンぜめしてて」

今回のスケボーの解説の中でのハイライトはここでしょう。

スケボーについて勉強したであろう真面目な倉田アナと、

その競技を知っているからこそ全てを端折って感情を爆発させる瀬尻とのコントラストがいいですね!

 

「ビッタビタにはめる」

英語の訳を聞いているかのように、倉田アナの言い直しが面白いですね。

「鬼アツい」

NHKの放送でこの言葉を聴くことになると思わなかった!という感動から、このスケボーの解説で「鬼アツい」にハマった視聴者が他の競技の感想でも多用しているのが面白いです。

「トップ3に行けんじゃね?」

そろそろみなさんも、倉田アナのごとく、丁寧な言い換えもできるようになってきているのではないでしょうか?

「ないないないない」

解説、というのは実況の補足をする、専門的な解釈をくれる立場・・・という概念は崩壊しています。

倉田アナの焦り具合が目に浮かびますね。

「おめでとうございますっすよね」

かつてNHKに「おめでとうございます」に「っす」をつける人がいたでしょうか?

おそらく史上初なので中いかと思います。

気持ちが溢れちゃったのでしょうね。

「すげー」「やべー」

解説はこれの連呼でした。

ただ、聞いているとこの「すげー」「やべー」の中にもレベルがあるようで、その聞き分けで凄さを判断するという、別の楽しみ方もあったようです。




最後に

スケボー解説の瀬尻稜のコメントが面白かったので、まとめました。

今回のオリンピックでは、本来ならばスポーツバーやパブリックビューイングで友達や同僚とお酒を飲みながら楽しむはずだった観戦ができなくなりました。

なので、瀬尻稜のフレンドリーな解説は、まるで友達とみているような感覚に慣れて、楽しかったのかもしれませんね。

卓球謎の中国応援団なぜ4
【なぜ】中国の応援団が卓球会場で大声援?無観客のダブルス決勝に現れる謎。(東京オリンピック)みまじゅん(伊藤と水谷)の年の差・幼なじみペアが金メダルを取った卓球男女混合。無観客のはずの会場に、突如現れた中国の謎の応援団。なぜ入れるの?注意されないの?応援団の正体は一体誰なの?ネットでは疑問の声と批判が集まりました。...