ドバイTrip

【女子ひとり旅】ドバイで使った金額と内訳大公開!

バスタキアのレストラン

未知の場所へ旅に行く際に、最も知りたいことの一つに「旅の総額」がありますよね。

私も、もちろん調べましたが、旅行会社によっても予算の幅が広すぎて、正直よくわかりませんでした。

「もっとリアルな数字を知りたい!」と思う方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はそんな方のために、一例として私がドバイへのひとり旅で実際にかかった金額のすべてを大公開したいと思います。

同時にその金額になった理由や、抑えポイントの解説もしていきますので、ぜひ旅の予算を立てる際の参考にしてください。

ドバイ女子一人旅の金額内訳

※レート→2019,12月時点 1Dh=29.80円ほど

(現在も28.14~30.34円あたりですので中央値あたりの時期ですね)

  • 飛行機とホテルにこだわりたい
  • 安全第一、無理はしない
  • お土産はほどほどに買う

現地での主な費用

飛行機往復+ホテル2泊3日 149,744
ホテルでの支払い 5,910
バージ・カリファ 4,920
ホテルSPA 21,696
合計 182,270

(単位:円)

飛行機往復+ホテル2泊3日/ホテルでの支払い

この金額になったポイントは以下の通りです。

飛行機→日本からの直行便のエミレーツ(エコノミーです)

ホテル→JWマリオット(ドバイの中でも高いダウンタウンエリア/5つ星/朝食付き)

また、ホテルのレストランで1回お茶と、1回夕食を食べました。

トランジットが出来る方は安く抑えられそうです。

一口メモ

  • ドバイでは2018年から5%のVAT(付加価値税)がかかります。
  • ホテルではDeposit Transfer(観光税の保証金)が先払いで必要です。1日あたりDh20×3泊=Dh60。
ホテル朝食

バージ・カリファ

事前予約なので安い方です。

当日購入は9000円ほどになります。

ホテルSPA

場所はバージカリファに近いパレス・ダウンタウン内です。

ステイ中のアクティビティの中で最も贅沢しました。

多くのサイトのドバイの旅行の平均金額は、ここまでの合計の18万円くらいでした。しかし実際にはこの他にもかかりますよね。その幅が予算の幅なのかなと思います。



現金払いしたもの

つまり空港にてDhに両替した金額です。

現金:40,000円分

交通費 5,100
チップ 900
路面店・スーパー 22,390
レストラン 8,093
お土産 2,250
合計 38,733

(単位:円)

交通費

メトロや、トラムは1ゾーンでDh3=90円くらいです。

ホテルと空港のタクシーの送迎はDh120=3600円ほどでした。

ドバイメトロ

チップ

一番小さな紙幣でDh5=150円ほど。3〜5箇所でお渡しした気がします。

 

路面店・スーパー

スークでのお買い物や、ビーチでのジュースは現金払いです。

お部屋での飲み物をスーパーで購入しました。

レストラン

旅の終盤は現金を使いきる意味で、レストランも現金払いで調整するのもおすすめします。

お土産

レストランと同様、調整の意味で現金払いするお土産もありますが、基本はカードで払うことが多いでしょう。

カード払いしたもの

旅のほとんどはカードでの支払いでした。事前に上限を確認しておきましょう。

食事・お土産 111,180
キャッシング 60,000
合計 171,180

(単位:円)

食事・お土産

こちらは人によっても大きく変動しますし、予算を決めても良いかと思います。

参考までにこちらの内訳は以下の通りです。

  • ブランド小物1〜2個
  • 化粧品2〜3個
  • 友人親族にデーツ大量
  • 高級チョコ1個
  • レストラン2回
  • カフェ2回

ブランド小物で76,000円分ほどなので、普通のお土産食事代としては34,920円ほどでしょうか。

ブランドの有無お土産の有無食事の場所などで大きく変動する部分ですね。

キャッシング

こちらは刻印のあるお土産を購入した際、刻印後に「キャッシュオンリー」と判明したために借りることになりました。

もしもに備えて、お守りとしてキャッシング機能を用意することをおすすめします。

ドバイショッピングモール

準備にかかった費用

ひとり旅が初めてだったり、旅慣れしていない方はこの事前準備にも大きな費用が必要なのではないでしょうか。

しかし、すでに持っていたり、もっと安く済ませる術を知っていれば安く抑えられるポイントだと思います。

Wi-Fiレンタル 5,580
後泊ホテル 8,100
機内用品 3,360
免税店衝動買い 16,729
ロッカー 800
日用品 1,430
合計 35,999

(単位:円)

Wi-Fiレンタル

こちらはワイホーというところの3泊5日のレンタル金額です。

深夜便であれば前日の21:30から借りることが出来たので満足しています。

後泊ホテル

出発、到着時間によっては不要かもしれませんが、私は必要でした。

空港付近のビジネスホテルの金額です。



機内用品

機内用のネックピロー、読書用の本です。

持っている方は削減出来る部分です。

免税店衝動買い

旅は計画通りに行かないことや、衝動的なことも楽しいですよね。

我慢するよりも、こういうこともある!と余裕を持って予算を組む方がドバイ旅行にはあっている気がします。

飛行機からの眺め

ロッカー

細かい項目ですが、たくさん移動する中で使用することもあるでしょう。

日用品

空港で買い足ししたものです。

忘れ物がないように、あらかじめ安い場所で購入しておけば、必要ない項目です。

まとめ

私がドバイに初めてひとり旅をして、使った合計金額は・・

428,182円となりました。

これがリアルな金額です。

いかがでしょうか、高いと感じますか?もっとかかると思いましたか?

  • 飛行機とホテルをこだわり、トランジットなし
  • ブランドもお土産も適度に買う
  • 食事はホテル中心に、街のレストラン多め
  • SPAで自分にご褒美
  • タクシーは1〜2回利用
  • 初めてのひとり旅で準備が不慣れ、後泊も必要

上記のような条件で、ドバイ旅行をするとこのくらいの金額になります。

もっと節約できた部分もあるでしょうし、アブダビに行ったり、砂漠アクティビティをしたら金額も変わります。

しかし、この私の旅については以下の様な声をいただいています。

  • 「荷物少ないね!もっとお土産買わなかったの?」ー帰りの現地のタクシー運転手さんより
  • 「ドバイに行ってカレー食べなかったの?美味しいのに。」ー元エミレーツのCAさんより

ドバイを知り尽くすにはまだまだ、のようです!

ドバイは節約を意識するよりは、十分に資金を準備して行くことをおすすめする声もありました。

ぜひご参考になれば嬉しいです。